タイショッピング

タイの男性育毛剤は病院に行かなくても日本の半値以下で買える件

バンコクの育毛剤は効果絶大そして格安のヒミツとは

薬局で購入できる育毛剤

日本で一般に治療が行われる脱毛治療はAGA( エージーエー)「Androgenetic Alopecia」と呼ばれる男性型脱毛症の場合、すべての治療にあたって日本では、医師の診察と処方箋が必要になります。

しかしタイでは、同じ配合量、同じ成分の飲み薬、塗り薬については処方箋なし、そして格安にて薬局で購入できます

AGAの薬は抜け毛予防と、増やすという2つの種類があります。なかなか生えない方は、どちらか1種類のみを市販薬で購入して使用されている方がいますが、日本の病院の処方では2種類は最低処方されます。効能が違うため2種類を併用しましょう。

 

AGA治療薬 血行を促進し、髪の細胞を活性化させる(毛を生やす)
  ミノキシジル

 

タイで販売されているミノキシジルの飲み薬です。こちらは先日タイの薬局で格安で購入しました。

1箱190バーツ(日本円で650円~700円)

こちらは、頭皮に直接つける外用薬のローションとなります。日本で言うリアップX5、スカルプD、リグロEX5、ロゲイン、カークランド、ポラリスなどと同じ成分となっています。

 

内服薬のほうが外用薬より効果は高いですが、副作用も含めてまずはローションから始めてもいいかと思います。現在の飲み始めてからは、手や足などの毛が濃くなったということを飲用している方より聞いています。

もちろん髪の毛も増えて薄毛が解消してはいますが・・・・

副作用

高血圧のために作られた薬とのことで、その副作用があらゆるところに毛が生えるとの副作用が出たことで、育毛剤として使用されるようになっています。

低血圧、反射性高血圧、全身の多毛症、手足のむくみ、頭痛、めまい、ふらつき、動機、息切れかゆみ、勃起障害などがあり、内服は効果も高いが、副作用も出やすいので、内服するには注意が必要です。

AGA治療薬 脱毛ホルモンを抑制する(抜けにくくする)

脱毛の原因DHT(脱毛を促進する男性ホルモン)を抑制し抜け毛を防ぎ毛が長く太くなりますが、単一毛根から複数の毛が生えるが毛根が失われた箇所には毛は生えないことをまず理解していただき、早期治療をお勧めします。

プロペシア(フィナステリア・・ジェネリック)

フェナステリドという成分がDHT(脱毛を促進する男性ホルモン)を抑制し抜け毛を防ぎ毛が長く太くなる

サガーロ(日本名)デュタステリド、デュタステリド(海外名)

フィナステリドの後発品で、デュタステリドという成分が含まれています。効能はプロペシアを上回る1.5倍、1.6倍ともいわれています。

副作用

肝機能の上昇、発疹、かゆみ、めまい、抑うつ症状、男性機能低下

(注意事項)

  • 肝臓障害のある患者への投与は慎重に
  • 女性や小児は薬剤に触れてはいけない
  • 内服時の献血(使用中止後)・・・サガーロ6か月以降、プロペシア1か月以降でないと献血は出来ません。

 

す。

薬局

日本人に人気商品なので、日本語対応可能と書いている薬局ならほとんど置いてあります。日本語で相談できるので薬の説明を受けることも、可能ですので安心です。価格も日本の半額以下で購入できます。日本語対応してくれる薬局は、ブレス薬局が有名ですが、ローカルな薬局でも写真を見せると誰でも購入できます。

日本人の人気のブレス薬局のサイトを貼っておきます。バンコクに8店舗ありますので、他の薬も相談できて安心ですねhttps://blez-web.com/

タイの薬局で普通に買えるAGAの薬・・・お店によって値段は変わります一般的な値段を明記します。(為替 1タイバーツ=3.45円)

内服薬 デュタステリド1880B、プロペシア1300B、Firide(プロペシアのジェネリック)400B

外用薬 ニゾラールシャンプー 230B(DHT抑制)

内服薬 ミノキシジルは100錠で350B

外用薬 スカルプローションタイプのヌーヘアーが620฿(ジェネリック、ミノキシジル5%)

タイのローカル薬局で私が購入したものと金額は、ミノキシジル錠剤190B(約655円)、ヌーヘア600B(約2070円)でした。お店によって値段は違うのですね。

タイの有名育毛クリニック

タイでは、AGAの薬を薬局で購入することが可能です。知り合いの日本人の男性の方はクリニックに行って処方してもらっています。本当に薄くなっていた頭皮が今では、頭皮が見えなくなっています\(^o^)/

そのクリニックに同行と話を聞いてきました。ご報告します。

ナコーンルアン クリニック

場所・・・運転手はタイ人は日本語で言ってもわからないと思いますので、住所と電話番号を貼っておきます。

行くにはトゥクトゥクかタクシーになります。

住所:バンコクチュンサパンプラピンクラオ プラサパンピンクラオ通り107/45

診療時間:17:00~20:00

クリニックのお隣りの食堂です。こちらのほうが見つけやすいです。

診察の流れ

初回診療・・・タイ人の先生の診察。注意事項(下記に書いています)を聞くだけです。特に飲み方の説明なのでタイ語が解らなくても下記さえ守れば大丈夫

注意事項

  • 飲み忘れを絶対しない・・・飲み忘れると初めからのスタートとなる
  • 1日1回各1錠必ず服用すること
  • 洗髪後乾いた髪にミノキシジルを付ける(揉みこまない)
  • 3か月までは、髪が抜ける心配はいらない。3か月後から必ず生えてくから、心配しないように
  • 必ず半年以上は続けて様子を見る

処方薬・・・ 初回は3か月分をもらいます。その後再度お薬をもらいに行きます(1種類お薬が変わります)2回目は半年分ももらえます。診察は初回のみ。2回目以降は誰かに購入してもらっても良い。

  • ミノキシジル外用(塗布) 6%(茶色ボトル)
  • フィナステリド内服 1mg、30錠(ピンク)
    女性は服用できません。
  • 内服 30錠(オレンジ) 白色の錠剤からオレンジに変わりました。
  • ナイアシン内服 30錠(黄色) ビタミンB3。
  • ケトコナゾール配合シャンプー 2%(緑色ボトル)抗真菌薬

(疑問)日本でこちらの薬は購入できるようですが、先生に伺ったところ、通信販売はしていないとのこと。もちろん薬なので個人輸入も禁止だと思うのですが・・・

女性も育毛の薬があるようですが、男性にしか効果のない薬もあるので、飲み間違いのないように。上記は追加のお薬の表です。(読めない( ノД`)シクシク…)タイで市販薬を買うよりもっと安い!!

薬の値段(1か月分)

  • シャンプー 60B×2個
  • ミノキシジル 120B×2個
  • 飲み薬(3種類)400B   合計760B・・・日本円 換算 2,622円

効果 1年クリニックに通った結果

おでこの周りは、もう毛穴がないのか生えていません。でも頭頂部からすべてふさふさになっています。

副作用・・・不調は見られないようですが、手や足の毛も増えたと悩んでいます。それでもはげるよりかはよっぽどいいみたいで、毎日すべての薬を使っているようです。ミノキシジルは増毛の薬なので、外用薬でも相当効き目があることが解りました。

 

気を付けていただきたいこと

薬は人により効き目が違ったり、副作用が出たりするため、全員にお勧めできるものではありません。海外で購入される場合は必ず様子を見て、不調が出てきた場合は直ぐに服用をやめて、病院での検査をお勧めいたします。

日本の育毛剤もタイの育毛剤も使用している間は効能が発揮できますが、使用を辞めると元に戻るので、飲み忘れ、使用忘れが無いようにとのナコーンルアンクリニックの先生が言っておられました。

医薬品は日本の薬事法では、自分のために購入はしていいのですが、人のために買うという事は禁止されています。

日本に入国時に禁止物を参考にしてくださいね。

最後に・・・育毛は毛根がふさがってからでは、植毛しかありません。そうなるためには、早めのヘアケアをお勧めします!

ABOUT ME
みやび
アラフィフ、みやびです。 早期にリタイアして、現在は、自分で時間をの調節をして、趣味、旅行、せどりなど色々なことに取り組んでいます。長年携わってきた仕事内容は、会計、法律、保険に携わる仕事です。 プロは敷居が高いと思われる方は、是非声をかけてください。 お役に立つよう頑張ります。