タイ旅行

バンコクのチャイナタウンで日本では食べられないガポ・プラーを堪能してきた!

2月 初めてチャイナタウンに行ってきました。

2月でも暑い! まして、ヤワラートは人が多くて、タイの真夏に行くと、バテバテになりそうで。涼しい時や、夕暮れなんていいかもしれませんね。

まず12時前だったけど昼ご飯を食べに、ネットで口コミが多かった興来飯店

ヤワラートの一筋北に入ったところにお店はありました。お客さんは殆どが現地の方のよう。本場の中国料理が格安で食べれるところです。

お店の入り口には ロブスターの手(足?)がぶら下がっていてます。

 

入り口には、グルメ雑誌やテレビ、海外でお店が紹介されている写真が貼られています。

メニューに載っている★がお勧めのようなのでお勧めのものを注文

揚げ餃子、タイの餃子は日本風のレストラン以外はすべて餃子というと揚げ餃子のよう。この餃子のたれは、甘いけれど、さっぱりした甘さで、餃子にピッタリ。

このヌードル(バミーヘーン)は汁あり、汁なしが選べました。優しい味で、おいしかった(^^♪ 一番の人気のようです

画像でフカひれと思って頼んだら違っていた料理( ;∀;)

でもこれはガポ・プラー 日本でお目にかかれない?ので一度食べてみるのもいいかも。

ガポ・プラー・・・タイ人に人気のメニュー、ガポはタイ語で胃袋プラーはタイ語で魚を指します。実際は魚の浮袋

これは中華系の食文化で、「食すと幸運が訪れる」ということで、タイの結婚式にも振舞われる一品です。口にしたことのない感触・・でした。

後は、飲茶のエビ餃子、人気の蟹チャーハンをテイクアウトして後を出ました。

次はチャイナタウン、ヤワラートを歩くぞ!!

さすがチャイナタウン。フカヒレ、ツバメの巣などの乾物が売っています。値段んを聞いても料理出来ないし、写メだけを取って後にしました。他に人気の店は、金の売買のお店。タイの一番大好きなのは金。金は財産になると、どこの地方でも金のお店は人気があります。タイの女の子が日本人男性におねだりするのも金製品。金製品は売買出来て、価値が下がらないからとのようです。日本人の男性、気を付けてね!!

金のお店をスルーして、サンペン市場

サンペン市場は、大阪の心斎橋筋商店街のように、いろいろな国の方が訪れており、狭い路地にいろいろな中国製品が並んでいました。もちろん、コピー品が合われています。コピー品は、日本に持ち帰るときに税関で没収の可能性があるので、買わないでくださいね。

これは、いま日本で人気の耳が動くウサギの帽子です。

中国から輸入されてきてるのですが、タイの小売店の方は、ここで購入するんですね。

少し見にくいのですが、イヤリングです。

4個10バーツ(35円)と書いてるのかな?

こちらもアクセサリーやパーツのお店です。

こちらは布地店。スパンコールの付いた生地から、いろいろな生地まで、揃っています。こちらの写真も3メートル100バーツ(350円)やすーいですね。

その他には、カバンや財布、靴やTシャツ、携帯ケース、帽子などが売っていました。通路を変えると、イサラーヌパープ通りには、野菜、魚、食品、乾物、香辛料、総菜(豚まんなど)のみものなど、地元の方向けのお店も並んでいます。

次回は晩に行って夜のヤワラートを書いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
みやび
アラフィフ、みやびです。 早期にリタイアして、現在は、自分で時間をの調節をして、趣味、旅行、せどりなど色々なことに取り組んでいます。長年携わってきた仕事内容は、会計、法律、保険に携わる仕事です。 プロは敷居が高いと思われる方は、是非声をかけてください。 お役に立つよう頑張ります。